GIGA教室

GIGAプログラミング教室へようこそ

いよいよGIGAプログラミング教室がスタートします。

だだ今、夏休み前の生徒を募集中です。6/12(土)と6/13(日)は体験会を実施します。ぜひ、おいでください。

お問い合わせは、 こちら

 

 

カリキュラムについて(全10回)

1回目 ・・・ micro:bitを使った基本を覚えよう

 MakeCodeというブロック型言語を使う方法を覚えます。その中で、micro:bitのLEDに絵や文字を表示しながら、慣れていきます。

2回目 ・・・ プログラミングカーを使ってみよう  (順次処理・反復処理)

 プログラミングカーを使って、図形を描いたり、探検する自動車などを作ります。

3・4回目 ・・・ micro:bitのボタンやセンサーの使ってみよう (判断)

 micro:bitでは、明るさ・方位・傾き・音・加速度センサーなどが使えます。センサーの使い方を覚えて、暗くなると点灯するライトや、を作ったりします。  

5・6回目 ・・・ 拡張機能の使い方を覚えよう

 外付けで豆電球やLEDを光らせたり、モーターを動かしたりする方法を学びます。

7~10回目 ・・・ 夏休み自由研究作品作り

 今まで学んだ内容から、自由研究に挑戦します。センサーやLED、モーターを使って、どんなものを作りたいか決め、完成までがんばりましょう。もちろん、講師陣が協力して、完成するまでアドバイスをしていきます。世界で唯一の作品ができるのが楽しみですね。まとめは、ipadを使ってロイロノートにまとめる予定です。


Q&A

・講師の先生はどんな方ですか。

 講師の先生は、元教員や、学校現場でICT支援員をしている人、プログラミング教材を開発している人などです。これまでも、教育畑で子どもたちと接してきたので、優しく分かりやすく教えてくれるので、安心です。

・初回に必要な教材費とは何ですか。

 これから使うmicro:bitと、それを拡張するユニットなどです。これだけは今後の学習のために必要なのでお願いします。もちろん、個人持ちになりますので、お家でも使えます。

・コンピュータなどはどうするのですか。

 プログラミングには、教室内にあるWindowsタブレットやiPadなど使用しますので、特に用意する必要はありません。家にあるパソコンやタブレットなどを使いたい場合は、一緒に持ってきてください。

・3ヶ月後はどうなるのですか。

 今回は6~8月までの10回コースですが、これが終わってもそのまま継続できます。3ヶ月間では、まだまだプログラミングの初歩ですので、さらに高度なプログラミングを目指してください。

・使ったものは持ち帰れるのですか。

 教室だけで使用するものと、無料で持ち帰られるものがあります。さらに、自由研究では人それぞれ作るものが違うので、部品などを購入することが出てきます。ただ、モーターやLED等は数百円程度で準備できるので、講師と相談して決めてください。

・苦手なことがあるので、心配です。

 教室には講師がいるので、分からないことなど相談してください。誰もが得手不得手があるものですが、それを乗り越えられるよう講師陣も対応していきます。一番大切なことは、「めざしたゴールに向かってあきらめずがんばること」です。

・使う言語について教えてください。

 言語は、MakeCodeのブロック言語です。エディタ上では、JavaScriptとPythonが使用可能ですが、今回はブロック言語を使っていきます。また、Scratchも一部使う予定です。