apple classroom

apple classroomでできること

ロイロノートやMetamoji classroomでは、そのソフト上で画面を送ったり見たりできますが、元のiPad画面を見ることはできません。apple classroomを兼用することで、児童・生徒の画面一覧を取得することができます。他にも、下記のようなことができます。

  • アプリケーションの起動とロック
  • 特定のコンテンツにナビゲートする懏ファイルを共有する
  • ファイルを受信する
  • ファイルを受信する
  • 生徒の作品を大画面で共有する

Apple classroomの初期設定

最初に、以下に示す設定をする必要があります。

Apple classroom
立ち上げ
先生の登録
(先生機)
先生機  先生の名前を登録します
クラスの設定
(先生機)
先生機  クラス名を設定します(例では1年A組)
生徒に参加依頼
(先生機)
先生機  生徒に参加依頼をする
     4桁の番号が、この教室への参加コードになる。

クラスへ参加
(生徒機)
設定アイコン → クラスルーム → クラス名をタップ
氏名を登録後、招待コードを入力


生徒機の設定
生徒機  「クラスに参加」「Appとデバイスのロック」の設定を変更する。
     「クラスに参加」     ・・・自動
     「Appとデバイスのロック」・・・常に
    ※これをしないと、毎回生徒機で確認画面が出る。



生徒の追加
(先生機)
先生機  参加した生徒名が表示されるので、追加する。